国宝・文化財


福島県内唯一の国宝 白水阿弥陀堂

 

平安時代末期の1160年に建立された国宝の白水阿弥陀堂が、湯本温泉の近くにあります。平泉の藤原清衡の娘・徳姫が建立したという阿弥陀寺です。

正式名は願成寺阿弥陀堂といいます。

周辺領域は白水阿彌陀堂境域(しらみずあみだどうきょういき)として国の史跡に指定されています。

白水とは、平泉の「泉」を分解してつけた名前です。

「ひらいずみ」と「しらみず」の音も似ているような気がします。

詳しくはこちら⇒


国指定重要文化財 新宮熊野神社長床(ながとこ)

 

新宮熊野神社は平安期に建立され、東北地方では最も古い1089年とされています。 

これは、1124年建立の中尊寺(平泉)、1160年の白水阿弥陀堂(いわき)よりもずっと古い年代となります。 

国の重要文化財に指定されている「長床(ながとこ)」とは拝殿のことです。

これらの景観と歴史が「興味深い」と評価され、ミシュラン・グリーンガイド東北Web版にも掲載されています。

詳しくはこちら⇒


国指定重要文化財 陸奥一之宮 馬場都々古別神社(ばばつつこわけじんじゃ)

 

平安時代、905年(延喜5年)、醍醐天皇の命により藤原時平らが編纂を始め、時平の死後は藤原忠平が編纂に当たった「延喜式」にも記載されている、陸奥一之宮が馬場都々古別神社(ばばつつこわけじんじゃ) です。

詳しくはこちら⇒


国指定名勝(奥の細道風景地)安達ケ原鬼婆の岩屋と黒塚の観世寺

 

鬼婆が埋葬された「黒塚」は歌枕として知られており、松尾芭蕉や正岡子規も立ち寄った場所です。

「奥の細道風景地」として国指定名勝となっています。

詳しくはこちら⇒

 


北塩原村 磐梯朝日国立公園 五色沼

 

沼に流入している火山性の水質の影響や、植物や藻などにより、五色沼湖沼群は緑、赤、青などの様々な色彩を見せます。その色彩から「五色沼」という名称で呼ばれるようになりました。 

詳しくはこちら⇒


国選定重要伝統的建造物群保存地区 大内宿

 

福島県内で1位、2位を争う人気観光スポットとなっている大内宿は、山深い下郷町にあります。

大内宿には、30軒以上の茅葺き屋根の民家が立ち並び、江戸時代の宿場町がそのまま保存されています。

詳しくはこちら⇒


国の天然記念物 夏井諏訪神社の翁スギ媼スギ

 

福島県小野町にある、夏井諏訪大社の御神木、翁(じじ)スギと媼(ばば)スギです。

樹齢は1200年以上、翁杉は目通り9.2m、樹高は48.5m、媼杉は目通り9.5m、樹高47.8m。

夏井諏訪神社は、蝦夷の反逆鎮圧のためにやってきた藤原継縄が、戦勝祈願のために植えたものがそのままご神体となったとされています。

詳しくはこちら⇒


国指定天然記念物 沢尻の大ヒノキ

 

福島県小野町にある国の天然記念物です。

広がる枝の中に踏み入れると、たくさんの枝が出ていて、1本なのに、ジャングルのような迫力です。

ヒノキやサワラの巨木は少ないようですから、本当に貴重な一本ということです。樹齢は1000年くらい。樹高は34.3メートル。

幹にタッチして、大ヒノキのエネルギーをもらってください。

詳しくはこちら⇒


郡山市 鹿島大神宮のペグマタイト岩脈

 

鹿島大神宮のペグマタイト岩脈は、露出している面の延長は約40m、幅14m。さらに地下10m、境内には1万4,000tもの岩脈があると推定されている、国の天然記念物です。

郡山市の重要有名民俗文化財の絵馬もあります。

詳しくはこちら⇒


磐梯町 国指定史跡 慧日寺跡

 

慧日寺は、奈良・東大寺、法相宗の僧の徳一上人。

慧日寺が開山される前年には猪苗代湖が誕生しており、平将門が寄進した山門があるなど、平安から鎌倉時代の日本のもうひとつの歴史を感じられる場所です。

詳しくはこちら⇒


二本松市 国指定史跡 二本松城(霞ヶ城公園)

 

日本100名城のひとつ。別名、霞ヶ城・白旗城と呼ばれており、現在は霞ヶ城公園として整備されています。

二本松では、江戸時代から菊花の育成が盛んで、毎年秋には菊人形の会場となります。 平成19年(2007年)7月26日、二本松城跡として国の史跡に指定されました。

詳しくはこちら⇒


会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城

 

国指定の史跡となっている鶴ヶ城。鶴ヶ城内は公園として整備されています。

 

戦国時代からつづく、難攻不落の城といわれた鶴ヶ城は、戊辰戦争では1カ月間にわたる攻防の末にも落ちませんでした。

 

戦のために作られた城であることから、城に続く道にもさまざまな仕掛けがあります。

詳しくはこちら⇒


二本松市 国指定史跡 旧二本松藩戒石銘碑

 

旧二本松藩戒石銘碑は、登城する藩士への戒めとして、旧二本松城の入り口に設置した石碑のことです。

1935年(昭和10年)12月24日、国の史跡に指定されました。

 詳しくはこちら⇒


国指定史跡 一里塚

 

現存する一里塚は、徳川家康の命により全国の主要街道を改修した際に築造されたものといわれていますが、平安時代末期に、奥州藤原氏が白河の関から陸奥湾までの道に里程標を立てたのが最初と言われています。

須賀川の一里塚は、奥州道中(旧陸羽街道)に残る数少ないもので、東のものは径5メートル、西のものは径6メートルあり、二基相対し塚形がよく保存されている点では奥州道中唯一のものであり、日本橋から59番目のものとされています。

詳しくはこちら⇒


国登録有形文化財 甲斐本家蔵座敷

 

蔵のまち・喜多方を代表するのが、この甲斐本家蔵座敷です。

大正6年に4代目吉五郎が、新潟から棟梁・宇佐美与四郎を招き、ともに各地の名家をみて歩き、そのうえで着工したものです。完成まで7年もかかっています。 

外壁はすべて黒漆喰で塗りこめられ、「烏城」の別名を持っています。

詳しくはこちら⇒


郡山市 高柴デコ屋敷

 

高柴デコ屋敷には現在4軒の家々があります。

現在でも数百年の伝統を守り、三春駒、張子(はりこ)人形や張子面などを作り続けています。また、各家が所有する人形木型は、県の重要文化財に指定されています。

詳しくはこちら⇒


天栄村 県指定重要文化財の法燈国師座像がある安養寺

 

天栄村安養寺という地区名と同じ安養寺には、法燈国師が晩年自分の姿を彫ったといわれている座像(福島県重要文化財)が安置されています。

鎌倉時代末期の約710年前に造られたものといわれています。

長野県佐久市安原にある臨済宗(妙心寺派)安養寺の法燈国師像は室町時代の像だそうですから、法燈国師像の古さでは、天栄村に軍配が上がるようです。

詳しくはこちら⇒


鏡石町 西光寺の杉戸絵と樹齢250年のたらよう

 

白河城主・松平定信つかえていた画僧・白雲上人(はくうんしょうにん)が、寛政9年に描いたとされる12枚の杉戸絵のうち4枚が福島県の重要文化財に指定されています。

また、樹齢250年のたらようの木は、町の天然記念物です。

詳しくはこちら⇒


鏡石町 小栗山観音堂とケヤキ

 

小栗観音堂は、仙道三十三観音の30番目の札所として知られています。正式名称は、小栗山高福寺といいます。 

堂の中には岩の洞穴があり、行基作と伝えられる十一面観世音が安置されています。

小栗山観音堂のケヤキは、幹まわり5.27メートル、根元周囲が7.60メートル、推定樹齢500年という巨木です。

このようなケヤキの大木はなかなか見当たらないことから、鏡石町の天然記念物に指定されています。

詳しくはこちら⇒


柳津町 福満虚空藏菩薩円藏寺

続きを読む

南会津町 田出宇賀神社

続きを読む

会津若松市 芦ノ牧温泉

大川荘の露天風呂
大川荘の露天風呂
続きを読む

国指定名勝(奥の細道風景地)安達ケ原鬼婆の岩屋と黒塚の観世寺

続きを読む

二本松市 二本松神社

続きを読む

会津若松市 近藤勇の墓所がある天寧寺

続きを読む

郡山市 鹿島大神宮のペグマタイト岩脈

続きを読む

鏡石町 西光寺の杉戸絵と樹齢250年のたらよう

続きを読む

鏡石町 鹿嶋神社参集殿と大賀ハス

続きを読む

鏡石町 小栗山観音堂とケヤキ

続きを読む

須賀川市 岩渕神社

続きを読む

福島県内唯一の国宝 白水阿弥陀堂

続きを読む

天栄村 県指定重要文化財の法燈国師座像がある安養寺

続きを読む

天栄村 御鍋神社

続きを読む

鏡石町 鏡石神社(鳥見山神社)と岩瀬牧場

鳥居は杉の木でできています
鳥居は杉の木でできています
続きを読む 0 コメント

鏡石町 熊野神社

続きを読む

お得な送迎バスで人気 スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズ
スパリゾートハワイアンズ
続きを読む

国の天然記念物 夏井諏訪神社の翁スギ媼スギ

続きを読む

いわき市 いわき湯本温泉

続きを読む

福島市 高湯温泉

花月ハイランドホテルの露天風呂
花月ハイランドホテルの露天風呂
続きを読む