福島の神社仏閣


柳津町 福満虚空藏菩薩円藏寺

 

日本三大虚空藏菩薩のひとつで、空海が唐の高層より授かった霊木に掘った福満虚空藏菩薩像が祀られています。

丑年、寅年生れの守り本尊であり、会津の赤べこの由来になった赤牛伝説など不思議な話も残されています。

詳しくはこちら⇒

 


南会津町 田出宇賀神社

 

田出宇賀神社の田出とは、昔、この地の田のなかに小島があり、その小島の泉から田の神が出現し、町の名前を「田島」としたことに由来しています。

日本三大祇園祭のひとつ、会津田島祇園祭は田出宇賀神社の例大祭です。

詳しくはこちら⇒


磐梯町 国指定史跡 慧日寺跡

 

慧日寺は、奈良・東大寺、法相宗の僧の徳一上人。

慧日寺が開山される前年には猪苗代湖が誕生しており、平将門が寄進した山門があるなど、平安から鎌倉時代の日本のもうひとつの歴史を感じられる場所です。

詳しくはこちら⇒


国指定名勝(奥の細道風景地)安達ケ原鬼婆の岩屋と黒塚の観世寺

 

鬼婆の住んだ岩屋と埋葬された黒塚がある、安達ケ原の鬼婆伝説の地が観世寺です。

詳しくはこちら⇒

 


福島県内唯一の国宝 白水阿弥陀堂

 

平安時代末期の1160年に建立された国宝の白水阿弥陀堂が、湯本温泉の近くにあります。平泉の藤原清衡の娘・徳姫が建立したという阿弥陀寺です。

正式名は願成寺阿弥陀堂といいます。

周辺領域は白水阿彌陀堂境域(しらみずあみだどうきょういき)として国の史跡に指定されています。

白水とは、平泉の「泉」を分解してつけた名前です。

「ひらいずみ」と「しらみず」の音も似ているような気がします。

詳しくはこちら⇒


二本松市 二本松神社

 

二本松神社は、JR二本松駅近くにある、二本松を代表する神社です。「二本松の提灯祭り」として知られる例大祭は、毎年10月4日・5日・6日の三日間行われます。日本三大提灯祭りの一つとして知られています。

詳しくはこちら⇒


会津若松市 近藤勇の墓所がある天寧寺

 

天寧寺は、蘆名氏の菩提寺として栄えた曹洞宗の寺です。

現在では、新選組の近藤勇の墓がある寺として知られています。近藤勇と土方歳三が寄り添うようにたたずむ墓所があります。

詳しくはこちら⇒

 



国指定重要文化財 新宮熊野神社長床(ながとこ)

 

新宮熊野神社は平安期に建立され、東北地方では最も古い1089年とされています。 

これは、1124年建立の中尊寺(平泉)、1160年の白水阿弥陀堂(いわき)よりもずっと古い年代となります。 

国の重要文化財に指定されている「長床(ながとこ)」とは拝殿のことです。

これらの景観と歴史が「興味深い」と評価され、ミシュラン・グリーンガイド東北Web版にも掲載されています。

詳しくはこちら⇒


国指定重要文化財 陸奥一之宮 馬場都々古別神社(ばばつつこわけじんじゃ)

 

平安時代、905年(延喜5年)、醍醐天皇の命により藤原時平らが編纂を始め、時平の死後は藤原忠平が編纂に当たった「延喜式」にも記載されている、陸奥一之宮が馬場都々古別神社(ばばつつこわけじんじゃ) です。

詳しくはこちら⇒


奥州一之宮 八槻都々古別神社(やつきつつこわけじんじゃ)

 

八槻都々古別神社は、都々古別三社(馬場都々古別神社、八槻都々古別神社、下野宮近津神社)の中の宮にあたります。創建については、馬場都々古別神社・八槻都々古別神社とも縁起において、景行天皇(第12代)の時に皇子の日本武尊による起源が伝承として残っています。

詳しくはこちら⇒


国の天然記念物 夏井諏訪神社の翁スギ媼スギ

 

福島県小野町にある、夏井諏訪大社の御神木、翁(じじ)スギと媼(ばば)スギです。

樹齢は1200年以上、翁杉は目通り9.2m、樹高は48.5m、媼杉は目通り9.5m、樹高47.8m。

夏井諏訪神社は、蝦夷の反逆鎮圧のためにやってきた藤原継縄が、戦勝祈願のために植えたものがそのままご神体となったとされています。

詳しくはこちら⇒


郡山市 鹿島大神宮のペグマタイト岩脈

 

鹿島大神宮のペグマタイト岩脈は、露出している面の延長は約40m、幅14m。さらに地下10m、境内には1万4,000tもの岩脈があると推定されている、国の天然記念物です。

郡山市の重要有名民俗文化財の絵馬もあります。

詳しくはこちら⇒


天栄村 県指定重要文化財の法燈国師座像がある安養寺

 

天栄村安養寺という地区名と同じ安養寺には、法燈国師が晩年自分の姿を彫ったといわれている座像(福島県重要文化財)が安置されています。

鎌倉時代末期の約710年前に造られたものといわれています。

長野県佐久市安原にある臨済宗(妙心寺派)安養寺の法燈国師像は室町時代の像だそうですから、法燈国師像の古さでは、天栄村に軍配が上がるようです。

詳しくはこちら⇒


鏡石町 西光寺の杉戸絵と樹齢250年のたらよう

 

白河城主・松平定信につかえていた画僧・白雲上人(はくうんしょうにん)が、寛政9年に描いたとされる12枚の杉戸絵のうち4枚が福島県の重要文化財に指定されています。

また、樹齢250年のたらようの木は、町の天然記念物です。

詳しくはこちら⇒


鏡石町 小栗山観音堂とケヤキ

 

小栗観音堂は、仙道三十三観音の30番目の札所として知られています。正式名称は、小栗山高福寺といいます。 

堂の中には岩の洞穴があり、行基作と伝えられる十一面観世音が安置されています。

小栗山観音堂のケヤキは、幹まわり5.27メートル、根元周囲が7.60メートル、推定樹齢500年という巨木です。

このようなケヤキの大木はなかなか見当たらないことから、鏡石町の天然記念物に指定されています。

詳しくはこちら⇒


神炊館(おたきや)神社に山岡鉄舟の揮毫

 

須賀川の総鎮守である神炊館神社(おたきやじんじゃ)は、奥の細道の途中、芭蕉が参詣した神社として知られています。この神社だけの社名は、御祭神である建美依米命(たけみよりめのみこと)が新米を炊いて神に感謝したことに由来します。

須賀川城主であった二階堂為氏は、1445年に諏訪の神である建美名方命(たけみなかたのみこと)を迎え、建美依米命(たけみよりめのみこと)とともに、御祭神としてお祀りしました。

詳しくはこちら⇒


天栄村 御鍋神社

 

二岐温泉郷のさらに奥に足をすすめると、御釜神社があります。ご祭神には、平将門、その妻だった桔梗の前などが祀られています。

お社は、二本のおおきなサワラをしたがえてはいるものの、本当にささやかで、質素なたたずまい。

大きな五右衛門風呂のような鐘(なべ)が奇妙に大きいです。

詳しくはこちら⇒


鏡石町 鏡石神社(鳥見山神社)と岩瀬牧場

 

鳥見山公園のある丘のうえに鏡石神社(鳥見山神社と呼んでいます)があります。

創建は明治16年2月という、新しい神社です。

祭神は神武天皇、奈良の橿原神宮から勧請しました。

 

鏡石神社の由緒書きによると、日本ではじめての西洋式牧場である岩瀬牧場関係者が、皇居を遥拝するために創建した神社になります。

詳しくはこちら⇒


鏡石町 熊野神社

 

日本全国に3000以上あるという熊野神社は、中世以降に修験者(先達)によって日本全国に熊野信仰が拡大したことから発生したといわれています。

鏡石町の熊野神社は、旧奥羽街道沿い、久来石地区と笠石地区の間に位置していることから、結界のような役割も果たしている可能性が考えられます。

詳しくはこちら⇒


須賀川市 岩渕神社

 

岩渕神社は、釈迦堂川からほど近い、岩渕丘陵に建つ神社です。

岩渕神社の本殿がある場所には、かつて常松館(岩渕館)の本丸がありました。

詳しくはこちら⇒


柳津町 ツムジクラ滝

続きを読む

白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園

続きを読む

白河市 国指定史跡 小峰城

続きを読む

北塩原村 磐梯朝日国立公園 五色沼

続きを読む

松尾芭蕉「奥の細道」の名瀑 乙字ヶ滝

続きを読む

国指定史跡 二本松城(霞ヶ城公園)

続きを読む

天栄村 パスポートのいらない英国 ブリティッシュヒルズ

続きを読む

会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城

続きを読む

郡山市 高柴デコ屋敷

張り子人形の制作体験ができます
張り子人形の制作体験ができます
続きを読む

福島県内唯一の国宝 白水阿弥陀堂

続きを読む

天栄村 明神滝

続きを読む

鏡石町 鳥見山公園とふくしま遊歩道50選

続きを読む

鏡石町 鏡石神社(鳥見山神社)と岩瀬牧場

鳥居は杉の木でできています
鳥居は杉の木でできています
続きを読む 0 コメント

平田村 ジュピアランドひらた あじさい園、ゆり園開園!

石川郡平田村の「ジュピアランドひらた」
石川郡平田村の「ジュピアランドひらた」
続きを読む

あやめサミット開催の鏡石町 鳥見山公園のアヤメ

あやめサミット開催を記念したアヤメの植栽
あやめサミット開催を記念したアヤメの植栽
続きを読む

福島市でおすすめのバラ園3選

続きを読む

夏井川渓谷と磐越東線

夏井川渓谷を横切る磐越東線
夏井川渓谷を横切る磐越東線
続きを読む

国登録有形文化財 甲斐本家蔵座敷 喜多方市所有へ

続きを読む

「松明あかし」でも有名な翠ヶ丘公園は紅葉が美しい

続きを読む

棚倉城址と赤館跡

棚倉城址
棚倉城址
続きを読む