芥川賞作家・僧侶、玄侑 宗久氏、熊本地震に寄せて特別寄稿

玄侑 宗久 氏は、福島県三春町生まれ。

安積高校卒業後、慶應義塾大学文学部中国文学科卒業。

さまざまな職業を経験した後、京都の天龍寺専門道場に入門。

現在は臨済宗妙心寺派、福聚寺住職。

2001年、「中陰の花」で第125回芥川賞を受賞しました。

 

今回、熊本地震によせて、福島民友新聞に、寄稿。

 

地震がつくった国、日本に住む人間として、文明に頼るだけではなく、地震に寄り添って生きることの大切さを説いておられます。

 

玄侑 宗久 氏 特別寄稿
玄侑 宗久 氏 特別寄稿
中陰の花 (文春文庫)
by カエレバ
光の山 (新潮文庫)
by カエレバ

www.food-fukushima.jp Blog Feed

2018年11月に読まれた投稿ベスト30 (木, 06 12月 2018)
>> 続きを読む

猪苗代町 大原観音の松 (Thu, 08 Nov 2018)
>> 続きを読む

猪苗代町 保科正之公の墓所がある土津神社 (Wed, 07 Nov 2018)
>> 続きを読む

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

No feed items at the moment (Fri, 14 Dec 2018)
>> 続きを読む

人生の9割は20代に出会う人で決まる!?

今日できなくても明日できる子ども、今日できても明日できなくなる老人 (Wed, 12 Dec 2018)
>> 続きを読む

グレートデカップリングが進行する中、外国人材受け入れ拡大法が成立 (Sat, 08 Dec 2018)
>> 続きを読む

作家の一田和樹さんとカナダ移住 (Sat, 01 Dec 2018)
>> 続きを読む