福島のみやげ


会津若松市 国登録有形文化財 末廣酒造「嘉永蔵」

 

嘉永3年(1850年)創業の末廣酒造は、大正時代に、山廃による試験醸造を成功させた酒蔵です。

嘉永蔵の内部は見学でき、酒蔵ショップで限定大吟醸をこうにゅうできます。

試飲もできますので、ぜひ立ち寄りたい場所です。

詳しくはこちら⇒

 


白河市 大谷忠吉本店

 

大谷忠吉本店は、明治12年創業。

鑑評会には20年以上出ていないという、ある意味まぼろしの酒蔵です。

詳しくはこちら⇒


郡山駅名物 福豆屋 海苔のりべん

 

福豆屋の「海苔のりべん」は、郡山駅の駅弁として有名です。

福豆屋は、もともとJR郡山駅構内で、立ち食い蕎麦屋を運営していました。

その蕎麦つゆで炊き上げたおかかと、みちのく寒流海苔を2段にはさんでいるのが、福豆屋の「海苔のりべん」です。

詳しくはこちら⇒


二本松市 玉嶋屋の玉羊羹

 

二本松市の玉嶋屋は、江戸時代から続く老舗の菓子店で、本煉羊羹で知られています。

昭和12年に開発された玉羊羹は、二本松を代表するおみやげとなています。

木造建築の店舗は、国の登録文化財にもなっていますので、ぜひ本店へ。

詳しくはこちら⇒


須賀川市 ストロベリーパラダイス

 

ストロベリーパラダイスは、いちご狩りと、いちごのオリジナルスイーツが作れるという場所です。

時間無制限で、いちご狩りが楽しめるうえに、自分でつんだいちごで、手作りスイーツ作りも。

常時、5~6種類のいちごを楽しむことができます。

フリーWi-Fi完備。

詳しくはこちら⇒


福島市 みちのく福島路ビール

 

福島市の「アンナガーデン」に隣接し、地ビールが楽しめるのが「みちのく福島路ビール」です。

酵母が生きている地ビールを、1杯500円で味わうことができます。

定番のピルスナー、苦味の少ないレッドエール、そして福島の桃をつかったピーチエールの3種類のほかに、発泡酒の桃のラガー(瓶入り)もあります。

詳しくはこちら⇒


二本松 人気酒造

 

2007年につくられた新しい酒蔵。

日本酒は、吟醸酒しか作っていません。

 

また、「ウルトラマン基金酒 人気一 地球侵略」など、ウルトラシリーズとコラボレーションした銘柄の日本酒、焼酎などを販売しています。

詳しくはこちら⇒


戊辰150年 JR会津若松駅で買える日本酒「斎藤一」

 

栄川酒造の純米吟醸「誠」(1000本限定)と、純米酒辛口「斎藤一」は、戊辰150年を記念してつくられた日本酒です。

純米酒辛口の「斎藤一」は、300㎖入り、5勺升つきで1000円。

辛口だと思って飲むと、意外にも飲みやすく、端麗辛口という印象で、すっきりとおいしい日本酒です。

詳しくはこちら⇒


二本松市 奥の松酒造「あだたら吟醸」が世界一に!

 

インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で、最優秀賞「チャンピオン・サケ」に奥の松酒造の吟醸酒「奥の松 あだたら吟醸」が選ばれました。

福島県の酒が最優秀賞「チャンピオン・サケ」に選ばれたのは、2015年のほまれ酒造以来、2回目です。

詳しくはこちら⇒


南会津町 開当男山酒造

 

享保元年(1716)創業 300年の歴史をもつ老舗酒蔵。

開当男山酒造は、3代目渡部開当(はるまさ)が享保元年に創業し、以来14代の長きにわたって酒造りをしてきた、会津地方を代表する酒蔵です。

「男山」とは、いわば日本酒の代名詞のひとつ。

〇〇正宗や〇〇寿などとともに、古くから使われてきました。

詳しくはこちら⇒


二本松市 大七酒造

 

「箕輪門」「妙花闌曲」「真桜」といった日本酒の銘酒を造っているのが大七酒造。

現存する酒造りの技法の中で、もっとも伝統的な造り方「生酛造り」にこだわった日本酒メーカーです。

詳しくはこちら⇒


柏屋 酪王カフェオレシュー

 

郡山市の老舗菓子店「柏屋」の酪王カフェオレをつかったシュークリーム。

はっきり言って、酪王カフェオレロールケーキより、断然!酪王カフェオレ感があります。

詳しくはこちら⇒


柏屋 酪王カフェオレロール

 

郡山市の老舗菓子店「柏屋」がてがける酪王カフェオレのロールケーキは、スポンジはもちろんのこと、ダブルクリームにいたるまで、酪王カフェオレをつかったというもの。 

パッケージも酪王カフェオレを大々的にアピールしています。

まるで、円柱形の酪王カフェオレが存在するかのごとくです。

詳しくはこちら⇒


道の駅ひらたで生き地獄体験⁉ハバネロソフトはいかが?

 

道の駅ひらたの名物ソフトクリームがハバネロをトッピングしたソフトクリームです。

もちろん普通のソフトクリームも販売しています。

ハバネロひと振りが初級ですが、上の写真は5振りしてもらいました。

辛さが頭皮に汗をかくという反応を引き出します。

詳しくはこちら⇒


酪王カフェオレ ドーナツ

 

県民イチオシのブランドといえば「酪王乳業」。なかでも「酪王カフェオレ」は全国的な人気を博している乳製品。酪王カフェオレドーナツには、本家・酪王カフェオレが、全重量の6.6パーセントもつかわれています。

詳しくはこちら⇒


須賀川名物 くまたぱん

 

くまたぱん本舗の「くまたぱん」は、こしあんをコロッケ型にまとめて薄皮で包み、周囲を白砂糖でコーティングしたお菓子です。

戦後の砂糖の自由化がきっかけで誕生したお菓子だそうで、とにかく砂糖を使っています。

詳しくはこちら⇒


無添加、クルミがおいしい欧風饅頭・エキソンパイ

 

根強いファンも多く、おみやげにこれを指定する方もいらっしゃいます。特徴はクルミ。濃厚なクルミと白あんが絶妙のバランスなんです。

詳しくはこちら⇒


柳津の粟饅頭(あわまんじゅう)

 

柳津の虚空蔵さま(福満虚空蔵菩薩 圓蔵寺)のお土産として有名なのが、粟饅頭です。 

虚空蔵さまの周辺に8軒の粟饅頭を売るお店があり、一日中、蒸し上げる湯気があがっています。

原材料は、もち米、粟、上白糖、食塩、鮮やかな黄色はクチナシで着色しています。上品なこしあんを包んで蒸しているため、全体にとても柔らかい仕上がりです。あまり甘くなく、いくつでも食べられそうです。

詳しくはこちら⇒


五代目本名善兵衛による、柏屋の薄皮まんじゅう

 

JR郡山駅から少し歩いたところに本店を構える「柏屋」の代表作が「薄皮まんじゅう」です。 

柏屋は、創業が嘉永5年(1852年)という老舗です。

私のおすすめは「こし」です。くちどけまろやか、誰にお送りしても喜んでいただけます。

詳しくはこちら⇒


ほまれ酒造 雲嶺庵(うんれいあん)

 

喜多方市にはたくさんの酒蔵がありますが、そのなかでも最大級の大きさを誇っているのが、ほまれ酒造 雲嶺庵です。

 

インターナショナルワインチャレンジで世界一に輝いた「会津ほまれ 播州産山田錦仕込 純米大吟醸酒」に出会えたらあなたはラッキーです。

 

詳しくはこちら⇒


天栄村 寿々乃井酒造店

 

漆喰の蔵が目印!200年の歴史を刻む酒蔵。寿々乃井酒造店の創業は、文化年間(江戸時代)。創業200年の酒蔵です。

寿々乃井酒造店の日本酒は、やや甘口。冷やしてきりっとした飲み口も良いですが、常温で味わうのもおすすめです。

寿の文字を重ねた名称から、お祝い事に買い求められることも多いのだそうです。

詳しくはこちら⇒


いわきの地酒 又兵衛の酒ゼリー

 

いわき市で100年以上続く合名会社四家酒造店の地酒をつかった大人のゼリーが「いわきの地酒 又兵衛の酒ゼリー」です。製造・販売は、まがら洋菓子研究所有限会社。

口に入れたとたんに広がる風味と味わいは、上品でおいしい吟醸酒のような感じです。

詳しくはこちら⇒


郡山市 高柴デコ屋敷

 

高柴デコ屋敷では、張子人形の絵付けができます。

張り子の干支やお面、小さなダルマなどに絵付けができます。

絵付け体験は、所要時間1時間ほど。

詳しくはこちら⇒


創業元文年間 久保木畳店

 

須賀川名物「くまたぱん」のくまたぱん本舗の斜め向かいにあるのが、久保木畳店です。畳のへりに使われる布地を使った和柄の小物や雑貨が並んでいます。お手頃価格で人気の和柄が手に入ります。

詳しくはこちら⇒


会津若松市 国登録有形文化財 末廣酒造「嘉永蔵」

続きを読む

会津若松市 国指定重要文化財・文部省指定史跡 滝沢本陣横山家住宅

続きを読む

会津若松市 斎藤一の墓がある阿弥陀寺

会津若松市 斎藤一の墓がある阿弥陀寺
続きを読む

会津若松市 国指定重要文化財 さざえ堂

続きを読む

会津美里町 龍興寺

龍興寺 会津美里町 天海 蓮
龍興寺
続きを読む

白河市 長寿院

白河市 長寿院
続きを読む

白河市 国指定史跡 小峰城

白河市 国指定史跡 小峰城
続きを読む

白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園

白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園
続きを読む

白河市 南湖神社

白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園
続きを読む

石川町 石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)

石川町 石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)
続きを読む