福島の紅葉の名所


白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園

 

寛政の改革で知られる白河藩主・松平定信が築庭した、日本最古の公園です。

かつては「大沼」と呼ばれていた湿地帯に、堤を作って貯水し、庭園の要素を取り入れて享和元年(1801)に築庭されました。

1924年(大正13年)12月9日には、国の史跡および名勝に指定されています。また、2010年(平成22年)3月25日には、農林水産省のため池百選に選定されました。

詳しくはこちら⇒


国指定史跡会津藩主松平家墓所保科正之墓所(土津神社)

 

この地に土津神社が造られたのは、保科正之が生前、磐梯山の神を祀る磐椅神社(いわはしじんじゃ)に何度も参拝し、死後は、磐椅神社(いわはしじんじゃ)の末社となって奉仕したいという希望が叶えられたためです。

土津(はにつ)という名称は、寛文11年(1671年)に、保科正之が、吉川惟足から吉川神道の奥義を授けられた際に「土津」の霊神号を送られたことに由来しています。

奥の院となっている保科正之公の墓所は、国指定史跡となっています。

詳しくはこちら 

 


夏井川渓谷と磐越東線

 

大滝根山(田村市)を水源とする夏井川と、その支流がつくる自然の造形美を一年中楽しめる夏井川渓谷。

JR磐越東線と夏井川が何度も交差し、新緑から紅葉まで、人々の目を楽しませてくれます。

詳しくはこちら⇒


西郷村 景勝雪割橋

 

阿武隈川にかかるアーチ式の鉄橋で、長さが82メートル、谷底までの高さは50メートルもあります。

雪割橋は、昭和33年に完成したもので、一面の銀世界のなかにあって、渓谷が雪を割っている景観にかかる橋として、雪割橋と名付けられました。

雪割橋を中心とした一帯は、雪割渓谷と呼ばれ、西の郷生活環境保全林として保護・整備され、キャンプ場もあります。

詳しくはこちら⇒


柳津町 ツムジクラ滝

 

柳津町からさらに山の中、福島県西部を流れる阿賀野川水系、只見川支流の一級河川である滝谷川上流の川床流出と沈下によって生じたのがツムジクラ滝です。 

詳しくはこちら⇒


本宮市 花と歴史の郷 蛇の鼻

続きを読む

喜多方市 御殿場公園の花しょうぶ園

喜多方市 御殿場公園の花しょうぶ園
続きを読む

猪苗代町 中津川渓谷

続きを読む

下郷町 国の天然記念物 塔のへつり

下郷町 国の天然記念物 塔のへつり
続きを読む

猪苗代町 保科正之公の墓所がある土津神社

猪苗代町 保科正之公の墓所がある土津神社
紅葉の名所 土津神社
続きを読む

西郷村 景勝雪割橋

雪割橋 雪割渓谷 西郷村 心霊スポット
西郷村 景勝雪割橋
続きを読む

北塩原村 磐梯朝日国立公園 五色沼

五色沼
続きを読む

柳津町 ツムジクラ滝

ツムジクラ滝
続きを読む

白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園

白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園
続きを読む

夏井川渓谷と磐越東線

夏井川渓谷を横切る磐越東線
夏井川渓谷を横切る磐越東線
続きを読む

棚倉城址と赤館跡

棚倉城址と赤館跡
棚倉城址
続きを読む