白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園

南湖公園とは?

寛政の改革で知られる白河藩主・松平定信が築庭した、日本最古の公園です。

 

かつては「大沼」と呼ばれていた湿地帯に、堤を作って貯水し、庭園の要素を取り入れて享和元年(1801)に築庭されました。

 

南湖(なんこ)という名称は、中国・唐の詩人、李白が詠んだ詩「南湖秋水夜無煙」から撮られています。

また、小峰城の南に位置することも、名称の理由として紹介されています。

 

松平定信は、白河藩において「士民共楽」すなわち、武士も庶民も共に楽しむという理念を持っていました。

その象徴として語られるのが、身分に関係なく、誰でも憩える茶室「共楽亭」です。

 

1924年(大正13年)12月9日には、国の史跡および名勝に指定されています。

また、2010年(平成22年)3月25日には、農林水産省のため池百選に選定されました。

 

紅葉の時期には、色とりどりの紅葉を見ることができます。
紅葉の時期には、色とりどりの紅葉を見ることができます。

南湖公園の17の景勝地

南湖公園は一周約2キロ。

散策するときには、松平定信が選んだといわれる17の景勝地をめぐってください。

 

1.関の海

2.共楽亭

南湖を見渡せる眺めの良い場所に、松平定信が建てた茶室。

敷居がなく、身分に関係なく楽しめる「士民共楽」の理念が反映された茶室です。

3.鏡の山

4.真萩が浦

5.錦の岡

6.月待山

7.月見浦

8.常磐清水

9.松風の里

10.松虫の原

11.下根の島

12.御影の島

御影の島
御影の島

13.千代の堤

14.小鹿山

15.矢聲の村

16.有明崎

17.千代松原

ダウンロード
南湖公園のマップです。
nanko_p.pdf
PDFファイル 5.1 MB

白河市 国指定史跡 小峰城

 

初代藩主・丹羽長重が梯郭式の平山城として完成させた小峰城は、奥州の関門としての役割を果たしました。寛政の改革を行った松平定信もここで藩政に腕をふるいました。

日本100名城のひとつにも数えられています。

築城した丹羽長重は棚倉城を手掛け、その子・光重は二本松城の築城に関わっています。

福島県の城と丹羽家との関係が深いことがわかります。

詳しくはこちら→

 


www.food-fukushima.jp Blog Feed

白河市 国指定史跡・名勝 南湖公園 (土, 07 10月 2017)
>> 続きを読む

白河市 国指定史跡 小峰城 (水, 04 10月 2017)
>> 続きを読む

ひじりんも応援!権太倉山、宇津峰山、鎌倉岳が山開き (火, 03 5月 2016)
>> 続きを読む

大信地区のゆるキャラ「ひじりん」誕生! (水, 06 4月 2016)
>> 続きを読む

福島県白河市のリノベーション公共施設「コミュニティ・カフェ EMANON」オープン (水, 09 3月 2016)
>> 続きを読む