郡山市 高柴デコ屋敷

高柴デコ屋敷
張り子人形の制作体験ができます

高柴デコ屋敷は三春藩に保護された工人たちの集落

高柴デコ屋敷といえば三春駒です。

 

三春駒は、昭和29年に年賀切手「郷土民芸シリーズ」第一号となった、福島を代表する民芸です。

 

このデコ屋敷には、現在4軒の家々があります。

 

300年ほど前(江戸時代元禄年間)に京都の方から来た工人が、張子人形作りを伝えたのが始まりといわれています。

 

現在でも数百年の伝統を守り、三春駒、張子(はりこ)人形や張子面などを作り続けています。

 

また、各家が所有する人形木型は、県の重要文化財に指定されています。

 

高柴の張子人形は、和紙を何枚も張り合わせて作るのが特徴です。

 

店先では、和紙を張っている作業風景を見ることができます。

 

高柴デコ屋敷
木馬神社の鳥居の左にあるの巨大な三春駒

張子人形の絵付け体験ができる!

高柴デコ屋敷では、張子人形の絵付けができます。

 

張り子の干支やお面、小さなダルマなどに絵付けができます。

 

今回は、白い張子(十二支が多い)のなかからひとつ選びました。

 

そして土間のある古い日本家屋に移動します。

 

絵筆と絵の具などの使い方を教えてもらっていざスタート!

 

高柴デコ屋敷
この張子に色を塗っていきます

 

できあがり見本を見ながら、白い張子に色を塗っていきます。

 

高柴デコ屋敷
下塗りを終えたところ

 

見本では黄色だったのですが、思い切ってゴールドにしてみました。

 

塗ってみて気づいたことは、何度も重ね塗りをしないと仕上がりがきれいにならないということ。

 

塗っては乾かして、色むらがないかどうか、よく確認するとできあがりがうつくしくなります。

 

高柴デコ屋敷
出来上がり!

 

絵付けにも気をつかいますが、思い切りよく筆を走らせたほうが躍動感がでるような気がしました。

 

絵付け体験は、所要時間1時間ほど。

 

きれいに作りたい場合には、もう少し時間がかかると思います。

 

古民家の一室で、静かに筆を滑らせると、一心不乱の心境になりますから時間が経っていることも忘れてしまいます。

 

高柴デコ屋敷
高柴デコ屋敷

 

4軒しかないので、すべてのお店に入ってみてください。

 

張子をつくるときの膠のにおいがしますよ。

 

www.food-fukushima.jp Blog Feed

柏屋 酪王カフェオレシュー (土, 07 10月 2017)
>> 続きを読む

柏屋 酪王カフェオレロール (Sun, 10 Sep 2017)
>> 続きを読む

郡山市 鹿島大神宮のペグマタイト岩脈 (Tue, 15 Aug 2017)
>> 続きを読む

郡山市 高柴デコ屋敷 (Tue, 15 Aug 2017)
>> 続きを読む

夏井川渓谷と磐越東線 (Sat, 13 May 2017)
>> 続きを読む

柏屋「うすかわくん」公式デビューはまんじゅう祭りで (Wed, 05 Apr 2017)
>> 続きを読む

JR郡山駅前に「福島よしもと」。ネット配信で風評被害払しょくへ (Thu, 07 Jan 2016)
>> 続きを読む

GReeeeNの「キセキ」「扉」が郡山駅の発車メロディーに! (Mon, 30 Mar 2015)
>> 続きを読む

五代目本名善兵衛による、柏屋の薄皮まんじゅう (Thu, 12 Mar 2015)
>> 続きを読む

無添加、クルミがおいしい欧風饅頭・エキソンパイ (Thu, 12 Mar 2015)
>> 続きを読む