天栄村 河童淵(河童の詫証文伝説地)

河童の詫証文

河童の詫び証文の伝説とは?

河童が詫び証文を書いた、という伝説は日本各地に残っている民間伝承のひとつです。

 

山形県の河童の詫び証文

大分県自性寺の河童の詫証文

京都の河童の詫び証文

 

他にもたくさんあるようですが、天栄村の河童の詫び証文伝説として、次のように説明されています。

 

天正の頃、この地方を馬場八郎左衛門という館主が治めていた。

 

碁の大変好きな殿様で、いつものごとく女郎寺を訪ね、宥法証人と碁を打ち興じていた。

 

日も暮れかかったので愛馬大月にまたがり、帰城の途についた。

 

釈迦堂川の淵は秋の長雨で、水かさを増し、渦を巻いていた。

 

川の中ほどまできたとき大月が突然騒ぎ出した。

 

不審に思い見ると、河童が馬の尻尾を抜こうとしていた。怒った殿様は河童をとらえ、手打ちにしようとした。

 

すると河童は悲しげな声で「私には大勢の子分やその家族がいて、ここで殺されると明日から路頭に迷ってしまう」と涙ながらに命乞いをした。

 

殿様も憐れに思い、今後人畜を水難から守らせることを約束させ、詫証文を取り許した。

 

その証文を地下深く埋め、祠、不開神社(赤津)を建て水難除けの神として祀った。

 

以後、たびたび洪水があっても人畜や農作物の被害はなく、河童の詫証文は今なお信じられている。

 

河童の詫証文

釈迦堂川に合流する羽鳥湖を水源とする隈戸川

天栄村の伝説には、釈迦堂川が登場していますが、実際には隈戸川に面しています。

 

隈戸川は、羽鳥湖を水源にしている川で、釈迦堂川へ合流する川です。

 

どちらも阿武隈川水系の川になります。

 

隈戸川は清流として知られていますが、釈迦堂川と隈戸川はかつては同じ名前で呼ばれていたとも思えず、謎が残ります。

 

河童の詫証文
隈戸川

 

ちなみに、天栄村の伝説では、河童は詫び証文を取り返すために、馬場八郎左衛門の屋敷に河童一族が大勢で押し寄せます。

 

しかし詫び証文は、馬場八郎左衛門が埋めた場所に残っていました。

 

それでも不安になった馬場八郎左衛門は、大きな石の箱に証文をおさめ、深く埋めました。

 

そして、その上に神社を建て「不開神社(あかずじんじゃ)」と名づけたといわれています。

 

赤津神社ならぬ愛宕神社

ちなみに河童淵の反対側に愛宕神社の鳥居があります。

 

草がぼうぼうで、神社の鳥居があることすらわかりませんが、急な斜面を登っていく神社です。

 

伝説の場となっている赤津神社は、河童淵からさらに上流に向かっていくとあります。

 

河童の詫証文

www.food-fukushima.jp Blog Feed

天栄村 パスポートのいらない英国 ブリティッシュヒルズ (土, 19 8月 2017)
>> 続きを読む

天栄村 河童淵(河童の詫証文伝説地) (日, 13 8月 2017)
>> 続きを読む

天栄村 寿々乃井酒造店 (金, 11 8月 2017)
>> 続きを読む

天栄村 県指定重要文化財の法燈国師座像がある安養寺 (金, 11 8月 2017)
>> 続きを読む

天栄村 明神滝 (金, 11 8月 2017)
>> 続きを読む

天栄村 二岐温泉 (日, 01 5月 2016)
>> 続きを読む

ブリティッシュヒルズでコスプレ・バレンタイン開催! (火, 16 2月 2016)
>> 続きを読む

看板犬ランキング第2位に選ばれた羽鳥湖高原レジーナの森の「ジーナ」 (木, 12 11月 2015)
>> 続きを読む