大玉村がマチュピチュ村と友好都市に!

福島県安達郡大玉村出身の野内与吉は、1917年に契約移民としてペルーへ渡りました。

1923年頃には、クスコ県にあるペルー国鉄クスコ-サンタ・アナ線(通称FCSA)に勤務し、会社専用電車の運転や線路拡大工事に携わりました。

 

1929年にはクスコ~マチュピチュ区間の線路が完成し、その後与吉は、前年に結婚したマリア・ポルティージョとマチュピチュ村に住むこととなります。

2年後の1930年には長男が生まれ、ホセと名付けるも2歳で他界。

 

その後、2人の娘と2人の息子に恵まれます。のちに次男のホセは1981年から1983年までマチュピチュ村村長を勤めることとなります。

手先の器用だった与吉は、何もないマチュピチュ村に川から水を引いて畑を作り、水力発電を作り、村に電気をもたらしました。

 

1935年には、この村で初の本格的木造建築である「ホテル・ノウチ」を建てました。建物の一部には線路のレールが利用され、床は当時では高価だった木材を用い、3階建てで21部屋を持つ立派なホテルであったそうです。

 

与吉は自分のホテルを村のために提供し、1階は村の郵便局や交番として無償で貸していました。また、後には2階も村長室や裁判所として使用されていたようで、ホテル・ノウチが村の中心となってマチュピチュ村は発展していきました。

 

与吉はスペイン語のほか先住民の言語であるケチュア語に通じ、英語も喋り、現地のガイドもしていました。のちにアンデス文明研究家となる天野芳太郎がマチュピチュ遺跡を訪問した際に、1週間ほどホテル・ノウチに滞在し、マチュピチュ遺跡を隅々まで知り尽くしていた与吉が同行し案内したといわれます。

村人に信頼されていた与吉は人望を集め、1939~1941年にはマチュピチュ村の最高責任者である行政官を務めました。マチュピチュ村が正式に村になるのは41年のことで、与吉はその直前に村の実質的なトップについたことになります。

 

1958年に三笠宮殿下がペルーを訪れ、マチュピチュ遺跡を見学した際に、与吉の長女オルガ野内が三笠宮殿下に花束を贈呈しました。日本にいる家族がその新聞記事を目にし、与吉の消息を知ることなり、そして日本大使館を通じて与吉と連絡をとり、旅費を集めたおかげで、1968年与吉は故郷である福島県大玉村に52年ぶりに帰郷することができました。与吉の両親はすでに他界していましたが、兄弟や親戚が与吉を歓迎したとのことです。

しかし、クスコに戻ってわずか2ヶ月後の1969年8月29日に息を引き取りました。

 

マチュピチュと野内与吉の物語

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/web_museum/ouroboros/v19n3/v19n3_nouchi.html

 

 

野内与吉の功績から、大玉村とマチュピチュ村の友好都市協定が締結されました。

このような逸話を知ると、なんだか誇らしくなります。

 

黄金郷を彷徨う: アンデス考古学の半世紀
by カエレバ

www.food-fukushima.jp Blog Feed

猪苗代町 大原観音の松 (木, 08 11月 2018)
>> 続きを読む

猪苗代町 保科正之公の墓所がある土津神社 (Wed, 07 Nov 2018)
>> 続きを読む

国選定重要伝統的建造物群保存地区 前沢曲家集落 (Sun, 07 Oct 2018)
>> 続きを読む

磐梯町 7月30日「薬師如来坐像」復元を一般公開 国指定史跡 慧日寺跡 (Thu, 12 Jul 2018)
>> 続きを読む

福島市 旧堀切邸 有形文化財 十間蔵 (Tue, 16 Jan 2018)
>> 続きを読む

磐梯町 国指定史跡 慧日寺跡 (Mon, 11 Sep 2017)
>> 続きを読む

会津若松市 近藤勇の墓所がある天寧寺 (Sat, 19 Aug 2017)
>> 続きを読む

鏡石町 鏡沼跡(かげ沼) (Mon, 14 Aug 2017)
>> 続きを読む

鏡石町 西光寺の杉戸絵と樹齢250年のたらよう (Mon, 14 Aug 2017)
>> 続きを読む

須賀川市 岩渕神社 (Sun, 13 Aug 2017)
>> 続きを読む

www.makiko-omokawa.jp Blog Feed

2018年11月に読まれた記事トップ30
>> 続きを読む

面川です。リスティング広告の広告費を削減し、コンバージョン率を上げる方法とは?
>> 続きを読む

2018年10月に読まれた記事トップ30
>> 続きを読む

人生の9割は20代に出会う人で決まる!?

グレートデカップリングが進行する中、外国人材受け入れ拡大法が成立
>> 続きを読む

作家の一田和樹さんとカナダ移住
>> 続きを読む

なぜ私たちは間違った選択をしてしまうのか?
>> 続きを読む