猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣と別邸(福島県迎賓館)

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣

天鏡閣とは?

明治40年8月、有栖川宮威仁(ありすがわのみやたけひと)親王が、猪苗代湖畔の美しさを気に入り、別邸の建設を決め、明治41年8月に竣工。

 

9月には、のちの大正天皇、嘉仁(よしひと)皇太子がこの別邸を訪れ、「天鏡閣」と命名されました。

 

これは、李白の句「明湖落天鏡(めいこはてんきょうをおとして)」に由来しています。

 

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
大正天皇による扁額

 

大正13年6月には、高松宮宣仁(のぶひと)親王が、有栖川宮家を継承するとともに、天鏡閣も高松宮家に引き継がれました。

 

昭和27年12月に、天鏡閣と和風ご別邸(現在の福島県迎賓館)、山林を含む約98ヘクタールが、福島県に下賜されました。

 

その後、福島県により利用されていましたが、老朽化にともない昭和46年に使用を中止。

 

昭和54年に、天鏡閣本館、別館、表門が国の重要文化財に指定されました。

 

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
表門
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣

ルネッサンス風洋風建築

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣

 

天鏡閣本館は、2階建て天然スレート瓦の八角塔屋(展望室)付の建築物。

 

昭和55年から57年にかけて修復を行い、あわせて家具調度品を復元し、高松宮より下賜された有栖川宮ゆかりの品々を展示しています。

 

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
ダイニングルーム
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
右手の展示は勲章
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣と別邸
有栖川宮威仁親王
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
展望室

 

各室は、シャンデリアがつけられ、繊細な美しさが見て取れます。

 

天井の飾り絵は、ヨーロッパ風の唐草模様。

 

実用性の高い部屋と、客間では、そのデザインが異なります。

 

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣

 

各室にあるマントルピースは、マジョリカタイルといわれるイギリス製のタイルが使用されています。

 

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
アール・ヌーヴォースタイルのマントルピース

 

現在は、樹木に囲まれて天鏡閣を見るには、すぐ側にまで行かなければなりませんが、かつては遠くからでも、美しい洋館を望むことができたそうです。

 

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣と別邸
呼び出し用受信機

試着体験

明治のドレスを試着して、館内を歩くことができます。

 

ひとり520円。

 

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣

 

天鏡閣の館内食堂で、季節の紅茶とスイーツを楽しむことができます。

 

こちらは650円となります。

 

また、屋外では、コロッケやカレーなどの軽食をいただけます。

 

旧高松宮翁島別邸

旧高松宮翁島別邸

天鏡閣より、一段低いところにあるのが、同じく、国指定重要文化財の旧高松宮翁島別邸です。

 

現在は、福島県迎賓館となっています。

 

旧高松宮翁島別邸は、高松宮宣仁親王が、喜久子妃の母方の祖母にあたる、有栖川宮威仁親王の慰子妃の保養のために、大正11年に建設されました。

 

旧高松宮翁島別邸

 

建物は、木造平屋建てで、江戸時代の上層貴族や上層武士の住宅の姿を伝えています。

 

平成11年に国の重要文化財に指定されました。

 

年中無休の天鏡閣とは違い、期日限定で特別公開を実施していますので、内部を見学したい場合には、事前に確認してください。

 

旧高松宮翁島別邸
旧高松宮翁島別邸
旧高松宮翁島別邸

ヒメシャガなどの野草

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣と別邸
ヒメシャガ
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣と別邸
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣と別邸
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣と別邸

JR猪苗代駅からバスと徒歩で

 

天鏡閣には、JR猪苗代駅から12分ほどバスに乗り、長浜で降ります。

 

運賃は450円になります。

 

バス停から天鏡閣の案内板が見えますから、坂を歩いて10分ほどで天鏡閣の表門に到着します。

 

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣と別邸
長浜周辺からみる猪苗代湖
猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣
これが目印

 

バスの本数が少なく、2時間に1本程しかありませんので、事前に確認してください。

 


猪苗代町 中ノ沢温泉

 

源泉の湧出量が毎分13,400リットルもあり、単一の湧出口からの湧出量としては日本一。湯治場として栄えた温泉地であり、宝暦年間(1751年)のころから利用されてきたという歴史があります。

 

【泉質】酸性含硫黄硫酸塩塩化物温泉

【源泉温度】68.3℃

【適応症】胃腸病、リウマチ性疾患、慢性皮膚疾患、運動機能障害、慢性胃腸病、関節痛、水虫、痔、糖尿病、高血圧、切り傷、外傷、手術後の傷など殺菌力を期待するもの

【飲泉可能】

詳しくはこちら⇒


www.food-fukushima.jp Blog Feed

猪苗代町 達沢不動滝 (土, 15 6月 2019)
>> 続きを読む

猪苗代町 中津川渓谷 (Sat, 15 Jun 2019)
>> 続きを読む

猪苗代町 磐椅神社(いわはしじんじゃ) (Sat, 15 Jun 2019)
>> 続きを読む

猪苗代町 国指定重要文化財 天鏡閣と別邸(福島県迎賓館) (Thu, 13 Jun 2019)
>> 続きを読む

猪苗代町 大原観音の松 (Thu, 08 Nov 2018)
>> 続きを読む

猪苗代町 保科正之公の墓所がある土津神社 (Wed, 07 Nov 2018)
>> 続きを読む

猪苗代町 中ノ沢温泉 (Sat, 03 Nov 2018)
>> 続きを読む

「道の駅猪苗代」オープン (Wed, 30 Nov 2016)
>> 続きを読む

手塚治虫漫画キャラクタースタンプラリー 今日スタート (Fri, 01 Jul 2016)
>> 続きを読む

野口英世の研究写真発見される! (Sun, 27 Mar 2016)
>> 続きを読む

リステル猪苗代ハーブガーデン (Sun, 07 Jun 2015)
>> 続きを読む