会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城

会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城

黒川城→若松城→鶴ヶ城

福島県内では鶴ヶ城の愛称で親しまれていますが、今から約630年ほど前に、その前身ともいえる東黒川館を葦名直盛が築いたのがはじまりと言われています。

 

以後、代々蘆名氏の城でしたが、1589年(天正17年)、蘆名氏と戦いを繰り返していた伊達政宗が蘆名氏を滅ぼし黒川城を手にしました。

 

その後も城主は変わり、蒲生氏郷、上杉景勝、加藤嘉明らが城の主となりますが、1643年に保科正之(のちに松平氏)に入場すると、以降は松平家が城主として君臨しました。

 

幕末の戊辰戦争では、約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えましたが、明治7年に取り壊されました。

 

昭和40年に再建され、平成13年には天守閣に続く「干飯櫓・南走長屋」が江戸時代の工法・技術を用いて復元されています。

 

平成23年には赤瓦へふき替え、幕末当時の姿を再現しています。

 

会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城
会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城

難攻不落の名城

戦国時代からつづく、難攻不落の城といわれた鶴ヶ城は、戊辰戦争では1カ月間にわたる攻防の末にも落ちませんでした。

 

戦のために作られた城であることから、城に続く道にもさまざまな仕掛けがあります。

 

会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城
会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城
会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城

 

敵を三方から攻撃できる枡形と呼ばれる石垣。

 

会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城

会津地震で倒壊した天守を現在の形に組みなおす

鶴ヶ城という名前になったのは、蒲生氏郷が望楼型7重の天守にしたことから。

 

鶴が舞うような城という意味でしょうか。

 

蒲生氏郷時代の石垣の基底部が発掘、確認され、鬼瓦をはじめとする瓦の一部に金箔が貼られたものが出土しています。

 

かなり豪奢なお城だったようです。

 

しかし、1611年(慶長16年)に起きた会津地震によって天守は倒壊。

 

その後、倒壊した天守を今日のような層塔型天守に組みなおしています。

 

ちなみに、このときの会津地震とは、震源を大沼郡三島町滝谷付近とする直下型地震で、マグニチュード6.9、震度6強から7と推測されている大地震でした。

 

会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城
会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城
会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城
会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城

 

鶴ヶ城内は公園として整備されています。

 

戦国武将に扮した案内役の方も複数いて、写真撮影にも応じてくれます。

 

武道場も併設されており、運が良ければ、長刀の稽古風景を見ることができます。

 


会津若松市 近藤勇の墓所がある天寧寺

 

天寧寺は、蘆名氏の菩提寺として栄えた曹洞宗の寺です。

現在では、新選組の近藤勇の墓がある寺として知られています。近藤勇と土方歳三が寄り添うようにたたずむ墓所があります。

詳しくはこちら⇒

 


www.food-fukushima.jp Blog Feed

会津若松市 芦ノ牧温泉 (日, 26 11月 2017)
>> 続きを読む

なりきり新選組「新選組フォトコンテスト」来年1月末日まで (火, 31 10月 2017)
>> 続きを読む

会津若松市 近藤勇の墓所がある天寧寺 (土, 19 8月 2017)
>> 続きを読む

会津若松市 史跡若松城跡 鶴ヶ城 (火, 15 8月 2017)
>> 続きを読む

ミシュラン・グリーンガイド東北Web版で「さざえ堂」「五色沼」「新宮熊野神社」がひとつ星獲得! (土, 10 12月 2016)
>> 続きを読む

手塚治虫漫画キャラクタースタンプラリー 今日スタート (金, 01 7月 2016)
>> 続きを読む

会津松平家の資料から池田屋事件で近藤勇の第一声「御上意」 (日, 19 6月 2016)
>> 続きを読む

手塚治虫「スリル博士」の舞台、会津東山温泉でスタンプラリー (水, 09 3月 2016)
>> 続きを読む

東北清酒鑑評会で末広博士蔵が最優秀を受賞! (金, 13 11月 2015)
>> 続きを読む

新選組 斎藤一の新史料、直筆の従軍歴 (日, 06 9月 2015)
>> 続きを読む

旧会津藩士が明治政府を相手に公債交付を勝ちとった裁判資料を発見 (金, 10 7月 2015)
>> 続きを読む

バリアフリー温泉で家族旅行 (温泉ガイド)
by カエレバ